外国人はカードローンの審査に通る?

外国人であってもカードローンを申し込むことが可能です。大手消費者金融の融資条項を見ると「外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせてご用意ください。」と出ています。

つまり、外国人登録証明書がある人であればカードローンの審査を受けることができます。ただし、実際に審査を通そうとするのは難しいのが現実です。無理だとは言いませんが、万が一の際の資金回収が難しいというのがその理由です。

ただし、就労ビザを持っている外国人の方であれば、勤務先が表示されており外国人登録証明書に勤務先が表示されているのです。この場合は比較的審査は通りやすいと言えます。在籍確認の電話を勤務先にして、確実に勤務していることがわかれば日本人の審査同様に審査を受けることができます。

しかし、消費者金融によっては内規で外国人に対する貸付をしないとしているケースもあるようです。おおまっぴらにすると問題になるため、あえて表示しないのでしょうが外国人の方用の準備書類を表示している場合は別として、そうでない場合は事前確認した方がいいでしょう。

なお、銀行の場合も外国人の方に対する貸付をしていますが、多くの場合は「永住許可」が条件です。単に就労ビザを持っているだけではダメだという事です。外国人登録証明書を持っていれば大丈夫だとは限らないので注意が必要です。