カードローンの審査には必要書類の提示が必要です

申込書を提出したり、信用情報機関への照会をしたりしますが、最終的な本人確認は免許証が必要です。また、消費者金融の場合であれば50万を超える融資であれば源泉徴収票などの収入証明書が必須です。カードローンの申込をWEBでする場合は、これらの書類をスマホのカメラで撮影してアップロードすることが多いです。

本人確認の書類は免許証が一番ですが、免許証を持っていない人もいます。この場合、パスポートや保険証などを提示しても本人確認とすることができます。ただし、顔写真がない保険証の場合は同時に住民票を提出する必要がある場合もあります。

基本的に本人確認と収入確認ができる書類があれば、審査に必要な書類は揃います。しかし、もし審査で嫌われる在籍確認を省略したいという場合には話が変わります。 現在、一部の大手消費者金融では、在籍確認の電話を省略できる申込方法を準備しているケースがあります。この場合、健康保険証と直近月の給与明細を提示することで、その会社に現在も勤めていることを確認するわけです。

多くの消費者金融は、この方法で職場への在籍確認の電話を省略することがあります。ただし、この場合必要書類が増加する点と審査担当者の判断が必要になるので審査時間が延びる欠点があります。場合によってはWEBによる申込ではなく、無人機店舗などで健康保険証や給与明細を提示する必要があります。

このような特別な場合を除いたとしても、最低限身分確認の書類は必ず必要です。忘れないようにしましょう。