審査が甘いカードローンってどうなの?

審査が甘いカードローンはないかとWEBで検索すると多くのサイトがヒットします。しかし、その多くは特定の消費者金融の宣伝なのでちょっと信用できません。 ただし、週刊誌などに記事として「××ローンの審査はひどい」などと書かれている場合は話が別です。それも複数の週刊誌で記事として出ているようであれば、何らかの「ネタ」があると考えた方がいいでしょう。

この手の消費者金融や信販会社は、経営がおかしくなっていることが多いです。経営が悪いので、ある程度のことには目をつむって新規の顧客を獲得することに主眼が置かれるのです。結果として他の消費者金融が手を出さないような多重債務者やクレジットカードのリボ払いがいっぱいある人にも融資をするのです。

この手の情報はWEBには載りません。電車の中吊り広告をこまめに見ていると発見することがあります。とはいえ、ガセネタである可能性も否定できないので判断は自己責任でお願いします。

また、ネット銀行の審査は甘いと言われることがあります。確かにメガバンクに比べると審査体制が充実していないことや流通企業系のメガバンクであれば、親会社の「イケイケドンドン」の社風がそのまま引き継がれていることもあります。

とはいえ、最近は貸倒が多くなり「締めている」傾向もありますので、一概に甘いとも言い難いです。以前からのブログ記事を信じてこの手の銀行でカードローンを申し込んでも期待外れに終わる場合もあります。 実際には審査が甘いカードローンは、一般的にないと考えた方が賢明でしよう。