ローンは一本化した方が金利も下がり毎月の返済額も軽減される

以前から一部の銀行で「おまとめローン」というローン商品が提供されていました。このローンは、いくつもある借金を一本化しようとするローンなのです。融資金利は融資額に反比例しますから、ローンは一本化した方が金利も下がり、毎月の返済額も軽減されます。

最近までこの手のローンは銀行しか手を出せませんでした。消費者金融は年収の3分の1までしか貸付ができない融資制限があり、多くのローンを抱えている人の残高を処理しきれなかったのです。しかし、最近はおまとめローンの目的に限って融資制限が解除されているため、消費者金融でもおまとめローンを提供するようになったのです。

もっとも、ただ単にショッピングローンやクレジットカードのリボ払いがいくつもあり、面倒だから一つにまとめたいというのであれはあえておまとめローンを利用する必要はありません。消費者金融などのコールセンターに増枠申請をして、審査に通れば一本化できるのです。

おまとめローンは融資額をまとめることで金利は下がります。しかし、いい事ばかりではありません。カードローン利用者の多くは、今まで給料などだけでは不足した場合にカードローンを利用していたのでしょうが、おまとめローンの条件としてこの手のローンを全て解約させられます。つまり、自由に利用していたカードローンがなくなり、返済だけになるのです。 ある意味ハシゴを外されたような状態になるため、何らかの事情で資金ショートを引き起こすことがあります。こうなると対処できなくなり、ヤミ金に手を出したりする人が出てくるのです。